書評「フランケンシュタイン」~怪物は人間である~

フランケンシュタインの本質とは

「フランケンシュタイン」。

最も古いSFと言われ、人間の闇とそれによる苦悩を怪物を通して表現した歴史的名作である。

著者はメアリーシェリーという女性作家。

フランケンシュタインというと、映画の方を思い浮かべる方も多いかと思う。

そして、怪物=フランケンシュタインと思っているかもしれないが、実際は違う。

フランケンシュタインというのは、ヴィクターフランケンシュタインという主人公の名前である。

しかし、実際のところ、一概に全て否定出来るとは限らない。

それはまぁ、おいおい説明していくとしよう。

人間とはかけ離れた怪物としての姿に、小さい頃恐怖を抱いたなんて人もいるだろう。

しかし、私はこの小説の本質はそこじゃないんじゃないかと思う。

怪物は、人間の心を具現化したものではないのだろうか。

誰しも、自分は醜い、誰も自分のことを分かってくれない、理由もなくいじめられるという経験が一度はあるだろう。

そんなありえるだろうことを、極限まで怪物として具現化することで、よりリアルに、人間の心、情緒を表現することに特化することが出来たのだと思う。

この小説には、かなりショッキングな出来事が何度も起こる。

それは、全てヴィクターフランケンシュタインという主人公のたった一つの過ちにより引き起こされる。

私がこの小説を読んで思ったのは、一つの過ちは自分の身を滅ぼすほど大きなものになる可能性があるということ。

そしてそれは意図せず起こってしまうこともあるということ。

ヴィクターフランケンシュタインが生み出した怪物は、彼にとってのたった一つの過ちだったのだと思う。

そして、もう一つ、この小説のキモとなるのは怪物の変化である。

無垢からの、憎悪。

まるで、人間の赤ちゃんから、大人へなっていく過程のようだ。

どんなに心が綺麗であろうと、見た目が醜いというだけで人間は恐怖と憎悪を覚える。

これも、怪物だから起こりえたこととは、正直思わない。

人間同士でも平気で起こり得ることだからだ。

この小説は、怪物を人間に置き換えても成立してしまうのが恐ろしいのである。

何度も言うが、怪物を通して人間の闇を描くことこそこの小説の本質だ。

もちろん、怪物の並外れた運動能力や凶暴性は人間にはないだろう。

しかし、憎悪、たった一つだけで、相手を地獄の底に突き落とすことが人間には出来る。

 

 

この小説が描かれた背景

この本が匿名で刊行されたのは、1818年である。

書いたのはは当時18歳の少女だった。

結局のところ、この憎悪と怒りに満ちた小説を18歳の少女が書いたとは思わなかったのだろう。

なんとか匿名という形で刊行することが出来たのである。

しかし、メアリーシェリーはそれまでに、詩人との駆け落ち、出産からの子供の死、実家からの絶縁を経験し、人間というもの闇を存分にその身に受けたといっていい。

そんな、彼女が魂を落とし込んだのがこの小説、「フランケンシュタイン」だった。

大変な思いをすれば、素晴らしいものが書けるわけではない、しかし、人並み外れた経験は文章に多分な影響をもたらすだろう。

私は、メアリーシェリー=ヴィクターフランケンシュタイン=怪物という側面が強いのではないかと考えている。

一つの過ちで悲しみにくれるフランケンシュタインと、復讐に生きる怪物という、二面性を彼女自身が秘めていたのではないだろうか。

壮絶な出来事の後に書かれた小説のため、自分を投影しているという側面が強く出てもおかしくはないのである。

「フランケンシュタイン」 p.268

呪われし者、おれの創造主よ。おれはなぜ、生き存えたのだ?おまえが一時の気まぐれで与えた命の炎を、おれはなぜ、あの瞬間に消してしまわなかったのか?

駆け落ちをきっかけに、実家から絶縁を受けた彼女が、実家を恨み呪ったことは想像するに難くない。

この文章では、怪物を通してその感情を吐き出しているように思えた。

そして、怪物が受けて憎悪する批判は、肌の色などによる差別批判が日常茶飯事であると感じた彼女が、それを間接的に描くために用いたことなのではないだろうか。

自分とは無関係なところで受ける批判というのは、あってはならないことだが、この世には溢れている。

憎しみ恨みからは何も生まれないという言葉があるが、それは本当の苦しみを味わったことのない者の戯言だろう。

私は、世に溢れる偽善的な励ましなど、本当に苦しんでいる人からすれば何の助けにもならないと思っている。

本当の苦しみは、本当の苦しみでしか緩和出来ないからだ。

この小説は、恐ろしいものであるが、それと同時に苦しい人に捧げる共感性で溢れているものだと思う。

耳障りの良い言葉をたくさん内に溜め込んで苦しくなってしまうのなら、「フランケンシュタイン」を読んだ方がよっぽど得るものがあるだろう。

苦しいときに必要なのは、勇気でも慰めでも励ましでもない、共感だ。

この時代に生きるものとして、100年以上前の小説がここまで胸をうつのは、ある意味名作としての許容といえる。

時代錯誤なんて感じないくらい読者の胸をうつこの作品はこれからも読み継がれていくだろう。

 

おすすめ関連記事

作家を知るということ~個人全集付属の月報を読んで~フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) 全集に挟まっている小冊子は魅力の宝庫 講談社文芸文庫「個人全集月報集」は、と...
吉行淳之介「やわらかい話」を読んで~本棚に蓋をする~吉行淳之介さんの対談の魅力 吉行淳之介(著)「やわらかい話 吉行淳之介対談集 」(講談社文芸文庫) を読んだ。 吉行さんの著書を...