読書感想文 – 「読書の腕前」

 

人間関係に悩んでいる方、本に興味がある方に薦めたい

こんにちは!じゅんです。

岡崎武志さんの著書「読書の腕前」(光文社知恵の森文庫)は、数年前に読みとても感銘を受け、岡崎さんの他の著書まで読むようになった、きっかけとなった本です。

岡崎武志さんは、フリーライター・書評家として活動されている方で、今まで数多くの本を書かれていらっしゃいます。

特に「読書」に関する本が多く、本への並々ならぬ情熱を持っておられる方です。

この「読書の腕前」は、岡崎さんの代表作と言えるもので、古本の楽しみを凝縮させたような一冊になっています。

読書の入り口として最適な本です。

帯に、又吉直樹さんのコメントが書かれていことも注目ですね。

本をもっと好きになりたいと思っている方は、この本を読むことで、さらに本のことを知りたいと思えるようになります。

私は特に、人間関係で悩んでいる方に読んでいただきたい本だと思っています。

「本」は内気な自分を受け入れてくれる唯一のもの

本文に私の大好きな箇所があります。

p.214

「引きこもり」人口は八十万とも百万とも言われているが、そのうち一人でも多く、読書の喜びに目覚めてほしい。さまざまな理由があって、一概には言えないだろうけど、人間関係や社会を拒絶して、世の中を生きにくいと考えている人は、みな読書人の素質を持っているからだ。

私はこの文章を読んだときに、なんと夢のある文章なんだと思いました。

私は人付き合いが苦手で、生きていく中でそれを改善しようと頑張りましたが、やはり根っこの部分は変わらず、落ち込んでいました。

しかし、私の勝手な解釈かもしれませんが、本の世界では内気な自分を認めてもらえる気がしたのです。

一人でいることが好きで、あまり人とは関わりたくない、もちろんそれはあまり褒められたことではないですが、本はそんな私とも関わってくれると感じれるようになったのです。

人付き合いが苦手な人というのは、自分を表に出し主張することが苦手な人に多く、そういう人はたいてい聞き上手です。

本を読むという行為は相手の話を聞くということと同じですから、本を読むのに適しているといえるかもしれません。

人間関係に悩んでいる方は、本の世界に入ってみましょう!

f:id:rhythm77:20190222230241j:plain
フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

悪い本の魅力

また、この本にとても共感した箇所もあります。

p.213

しかし、ヘレン・ケラーや野口英世の伝記といった、親や教師が薦める「良い本」よりも、「悪い本」のほうが記憶に強く残っているし、与えられた影響も大きい。ここに読書のおもしろさがある。

私はこの文章を読んで、高校の頃に読んだ、ある文学作品のことを思い浮かべました。

その作品は、高校の授業で扱うにはなかなか賛否両論がありそうな作品で、公序良俗に反しているのではないか、と思うところもあります。

先生は授業の初めに、その物語の結末を説明しました。

私はその時、その悲しい結末にひどく魅せられてしまったのです。

そして、授業そっちのけで、その作品を夢中に読み漁っていました。

気づいたら、その時の期末テストは90点越えです。

その時の経験が、今の私の読書スタイルに大きな影響を与えています。

さいごに

岡崎武志さんの「読書」に関する著書は、「読書の腕前」の他にも、

・古本道入門 – 買うたのしみ、売るよろこび(中公文庫)

・読書で見つけたこころに効く「名言・名セリフ」(知恵の森文庫)

などがあります。

どちらも読書欲を刺激してくれる素晴らしい本なので、まだ読まれていない方はぜひ読んでみてください。

f:id:rhythm77:20190222230316j:plain
フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

お勧め関連記事

ブックオフでは思わぬ出会いがある!村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の単行本を発見! – じゅんのーと!

本や音楽に付加価値を求める時代 – じゅんのーと!