ギター練習法

【ギター】タブ譜の読み方!アニソンもJPOPもROCKもこれ一つでOK

ギター初心者が曲をコピーしようと思ったら、遠からずタブ譜というものに出会うことになります。

TAB譜とは、いわゆる6本の横線で構成されたもので、一般的に5線譜の下に書かれることが多いもの。

5線譜はギターだと分かりにくいので、「ギター用に簡略化したよ!」という認識で良いです。

6本の線を使用し、下から6弦、5弦、4弦、3弦、2弦、一番上が1弦となっています。

例えばCというコードなら、6弦がミュート、5弦3フレット、4弦2フレット、3弦解放弦(0フレット)、2弦1フレット、1弦解放弦なので、以下のように記載されます。

※画像準備中

この画像の赤字部分ですね。

しかし、赤字部分だけでは、どういうリズムなのか分からないですよね。

そのために、リズム譜となっているのが青字部分です。

この場合、ジャン・ジャン・ジャカジャカといった感じ。

一本線が4分音符で、上に横線がついているのが8分音符です。

ここで、一旦音符の勉強をしてみましょう!

まずはこの図を見てください。

※画像準備中

なんのこっちゃと思うかもしれませんが、上から全音符、2分音符、4分音符、8分音符、16分音符となります。

全音符は2分音符2つ分、2分音符は4分音符2つ分

補足しておくと、4分音符とは、1234という一番大本のリズムのこと。

8分音符は、4分音符を2つに分けたもので、「1と2と3と4と」の数字部分や「と」の部分を指します。

分かりずらいかもしれないので、図に書いてみました。

※画像準備中