囲碁

【体験談】囲碁5段までの道のりと上達法について

f:id:rhythm77:20190202204615j:plain
フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

はじめに

私は自分の唯一の取柄だと思っているのが囲碁です。

小学校4年生から囲碁を始め、

その2年後に県大会で3位になり、全国大会に出場しました。

気づいたら1~2年で初心者からアマ高段者になっていたのです。

他の事は何をやっても時間がかかりましたが、

囲碁に関しては上達が早かったです。

今回は囲碁5段までの道のりを、

どのようにして棋力が上がったのかということをはさみながら紹介したいと思います。

ヒカルの碁の影響

小学校4年生の私は当時スポーツクラブに通っていましたが、

突然の病気によりしばらくスポーツが出来なくなってしまいました。

そこで休日の余った時間で何か出来ないかなと考えていたところで、

当時流行っていたヒカルの碁を読んで囲碁に出会ったのです。

善は急げということで、早速近場の囲碁教室に通い始めました。

当時その教室の若い人は私だけでしたので、

大人たちにとても可愛がってもらえていたような気がします。

また先生方の教え方が上手かったためか、

私は何か今までにない不思議な手ごたえを感じていました。

あれ?ちょっと向いているかもしれないという感覚です。

そしてだんだんと周りにいる大人たちに勝てるようになってきました。

当時は特にめちゃくちゃ勉強をしたという意識はありません。

とにかく対局をし、

勝ったら楽しいという感覚でした。

同年代の子としのぎを削りあった

ある時先生が別の囲碁教室を紹介してくれました。

そこでは私と同年代で囲碁の強い子たちが集まっているとのことでしたので、

今まで通っていた教室を卒業し新しい教室に移りました。

その時の棋力はおそらく初段くらいだったと思います。

その教室で、初めて自分より強い同年代の子達に出会いました。

それからは、とにかく週末になると教室に通って対局ばかりしていました。

囲碁の本なども読んでいたと思いますが、

やはり対局ばかりしていたという認識です。

2段~3段くらいまではとにかく対局をすることが上達の近道だと思います。

大会に出場するようになった

大会に初めて出場したのはおそらく初段の頃が初めてだったと思います。

そこでの勝率はもうあまり覚えていないのですが、

おそらく芳しくなかったと思います。

しかし、楽しかったうえに自分にはまだ伸びしろがあると

感じていたため、囲碁を続けていくことが出来ました。

f:id:rhythm77:20190202204714j:plain
フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

急激に伸びた棋力

棋力が2段ぐらいになった頃、

その教室の当時5段ぐらいの子達が別の教室にも通っていることを知りました。

そこの教室の先生はアマチュアで全国区レベルの強さもつ方で、

そこに通っている生徒もアマチュア高段者のみならず、

プロになるための機関に通う院生の方もいました。

当時の私はモチベーションがかなり高かったため、

その教室に私も通いたいと思いました。

私は思い立ったらすぐ実行するタイプだったので、

強くなりたいから囲碁教室に入れてほしいというメールを先生に出しました。

そこで返ってきた返信は、

「この教室に入れば強くなるわけではない」とのこと。

つまり断られたということです。

正直かなりガッカリしましたが、

そのメールを見て父がもう一度メールを送ってみろと私に言いました。

いや、どうせ無理じゃんと思いましたが私は嫌々もう一度メールしました。

そうすると先生から今度教室に来るようにと返信が来たのです。

つまり先生はどれくらいやる気があるのかを試していたのだと思います。

五段そして、県大会3位になり全国へ

初めて教室に通った日を鮮明に覚えています。

和室に足つきの碁盤がいくつも置かれ、

みな正座で囲碁を打っていました。

今まで椅子に座りながら打っていたので、

ものすごく新鮮な気持ちになりました。

その日打った対局はうろ覚えですがほとんど負けがなかったはずです。

なぜか分かりませんが、

今までハンデをもらっても勝てなかった友人に勝てたり、

不思議な力が働いていたように思います。

そしてその教室で囲碁打つようになってから、

メキメキと実力が上がり5段だと名乗れるくらいには強くなりました。

決定的だったのは県大会で3位になり、

全国大会に出場したことです。

全国大会では全く歯が立たなかったものの、

自分の実力に自信をもてるようになったのはすごく嬉しかったです。

さいごに

どうでしたでしょうか?

今回書いたこと以外にも本当にたくさんのことがありましたが、

それはおいおい他の記事で書いていこうと思います。

私の場合、最初はとにかく対局ばかりしていました。

そして3つ目の教室に通うようになってからは棋譜並べと詰碁です。

今考えると相当な数の棋譜並べと詰碁をやってきました。

・棋譜並べは週1で1局完全暗記

・上とは別に全集の棋譜(300局以上)を最初からひたすら並べる

・詰碁は本を完璧に解けるようにするというのを数冊実行

しんどくなることもありましたが、

途中でやめようという気にはならなかったことが大きかったと思います。

なにも取柄がなかった自分が、

初めて認めてもらえるようになって嬉しかったからです。

今回の記事は、少しはみなさんの参考になることを書けているでしょうか?

もしそうであったらとても嬉しいです。